車の買取を依頼した場合の流れと必要となる委任状

買い替えなどの理由によって所有している車を売却する場合、ディーラーや専門業者に買取を依頼することになります。愛車買取の流れとしては、まず車の買取査定額を知ることから始まり、最終的には売買契約書を交わして委任状などの必要書類を提出して完了となります(新所有者への名義変更に委任状などが必要となります)。まず買取手続きはインターネット上にある一括査定のサイトを利用することから始めることをお勧めします。年式や走行距離などの情報を入力することによって査定が行われる一括査定サイトを利用することによって、わざわざ業者に出向かなくて済みますし、多くの業者の査定額を知ることが出来ます。これにより、一番条件のよい業者に買取を依頼することが可能となります。その後の流れとしては、一括査定で査定額の高い業者数社に本査定を依頼します。本査定になると、業者の査定士が実際に車を確認して査定を行う流れとなるのです。査定士によるチェックは細かい部分まで及びます。内装や外装はもちろんのこと、エンジンルーム内の確認や車の修復歴・事故歴など車の状態をトータルで確認し査定額を算出していくのです。本査定による買取額が出そろいましたら、これらを比較して一番条件のよい業者に買取を依頼することになります。ちなみにネットによる一括査定から本査定までは最短で1日、長くても数日程度で完了します。

その後の車買取依頼の流れとしては、本査定において納得できる買取額を算出した業者に対し買取の依頼を行います。その後売買契約書を取り交わし、同時に必要書類を提出するという流れにより車の買取手続きは終了となります(もちろん入金の確認は絶対に必要です)。このときに提出する必要書類は、車の所有者を変更するための『所有権移転登録』に必要な書類となります。売主(旧所有者)が提出しなければならない書類は『譲渡証明書』と『委任状』があります。また、普通車の場合にはどちらも実印を使用する必要がありますので、必然的に旧所有者の印鑑証明書も提出しなければならなくなります。新しい所有者は、旧所有者が提出した譲渡証明書と委任状に印鑑証明書を添えて陸運局(または軽自動車検査協会)にて所有権移転登録手続きを行うことになるのです。以上が業者に車の買取を依頼した場合の一連の流れとなります。特に注意しなければならない点は、譲渡証明書と委任状、そして印鑑証明書は売買契約書を交わし、入金が確認されてから提出するということです。入金前にこれらの書類を提出したためにトラブルが発生したケースは少なくありません。これらは買取代金と引き換えに提出するべき書類なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>